糖尿病はどんな病気?

糖尿病は生活習慣病の一つです。普段から気を付けていれば、予防することもできます。 - 糖尿病はどんな病気?

アーカイブ

カテゴリー

糖尿病はどんな病気?

生活習慣病として糖尿病を気にする人はいますが、実際にはどういった病気なのかは理解できていない人もいます。
何となく聞いたことがある内容を思い浮かべるだけで、詳しく知らない人も多いのです。
詳細に知っていればいいというものでもありませんが、正しい知識を身につけておくことはとても大事なのです。

血糖値が高くなるのが糖尿病

greag
よく糖尿病で聞くことになるのが血糖値に関する話題かもしれません。
血糖値が高くなるのが糖尿病なのですが、どうして血糖値が高くなってしまうのかが問題なのです。
普通に食事をして炭水化物を摂取すると、ブドウ糖が作られて血液の中を流れるようになるので、誰でも血糖値は上がっていくことになります。
ただし、この血液中を流れるブドウ糖に関しては、エネルギーとして運動などで消費されていきます。
もちろん常に運動を続けているわけではありませんから、インスリンなどの作用によって血糖値は一定の範囲で保たれるものなのです。
ですが、インスリンがしっかりと機能していない場合には、値が高くなりすぎてしまい糖尿病となるのです。

どういった症状が出てくるのか

糖尿病になった場合、血糖値が上がる他にはどういった症状があるのでしょうか。
血液中のブドウ糖が増えたままだとしても、それほど影響はないと考えるかもしれませんが、単に血糖値が高くなるだけではないのです。
血糖値が上がることによって、尿が多くなるといった症状が出てきます。
しかも尿として水分を外に出してしまいますから、今度はのどが渇いて水分を欲するようになるのです。
水分をとっても尿としてどんどんと出していきますが、そこには糖も含まれることになります。
そうなると摂取したエネルギーを外に出すことになってしまい、体重も減ってしまうのです。

糖尿病によって失明してしまうことも

尿が多くなったり体重が減るだけならば、それほど怖いとは思わないかもしれません。
ですが糖尿病ではもっと怖い症状が起こる可能性があるので、しっかりと理解しておく必要があります。
特に合併症が起こりやすくなるのですが、場合によっては失明する事もあるのです。
合併症の一つには糖尿病網膜症があります。
これは最初は飛蚊症のような症状が現れるのですが、症状が進むと視力が大きく低下していく事になります。
そのままにしておくと、失明の危険があるのです。

脳梗塞のように命に関わる場合もある

egra
他にも糖尿病によって、動脈硬化が進むこともあります。
動脈硬化は血管に関する病気ですが、血管は体中を巡っているだけあり危険も多くなります。
脳にも血管はありますが、ここに問題が起こると脳梗塞などの危険が高まるのです。
命に関わる病気になりますし、もし命が助かったとしても脳に障害が残ると後遺症が出る場合もあるのです。
動脈硬化は心臓に関わる血管でも、危険を避けて考える事は出来ません。
心臓に関わる血管で問題が起これば、心筋梗塞などのリスクを高めることになるので、とても危険な病気だという事が分かると思います。
糖尿病になっていると自覚症状が出にくい場合もあるので、普段から検査で調べておくことも大事です。

糖尿病はとても危険な病気である

糖尿病はよく聞くことの多い病気になっているために、何となくその危険性を理解している人も増えています。
ですが本当に命に関わるような危険に繋がる病気なので、しっかりと理解しておくことが大事なのです。
冗談では済まないからこそ、多くの人が糖尿病に関する話題を取り上げているのです。

■気になる方は、糖尿病のチェックは早めに!

更新情報