糖尿病はどんな病気?

糖尿病は生活習慣病の一つです。普段から気を付けていれば、予防することもできます。 - のどが頻繁に渇くのは糖尿病の可能性がある

アーカイブ

カテゴリー

のどが頻繁に渇くのは糖尿病の可能性がある

糖尿病に関して自分は関係ないと思っている人もいるようですが、実はそうでもないのです。
糖尿病予備群と言われる人の数は多く、いつ糖尿病になってもおかしくない場合もあります。
分かりやすい自覚症状があれば良いのですが、糖尿病にはそういったものがないために無自覚な場合も多いのです。

のどが渇く頻度が多い場合は注意

糖尿病として出てくる症状に関しては、のどの渇きというものがあります。
普通に生活をしていてものどは渇くものですから、あまり気にしない人もいるでしょう。
ですが糖尿病になった場合には、それまでとは違った頻度で水分を補給するようになるのです。
のどが渇くのは水分が足りないからなのですが、その原因となるのが多尿にaなります。
糖尿病では尿の量が増えることにより、身体の中の水分が出て行ってしまうのです。
そのためのどが渇く頻度が多くなるのです。

尿で血液中のブドウ糖を排出する

なぜ尿が多くなるのかというと、糖尿病になると血糖値が高くなります。
これは血液中にブドウ糖がたくさん存在してしまうためで、それを減らすために尿として排出しようとするのです。
健康的な状態であればインスリンの働きによって、血糖値は上がりすぎないようになっています。
ですが糖尿病ではこのインスリンに問題が出ているために、上手くコントロールできなくなっているのです。

気になる場合は検査も必要

のどがたまに渇くだけならば、水分が足りていないだけかもしれません。
ですが尿が多くなっているのとセットで頻繁に渇きを感じる場合には、糖尿病の可能性が高まっている場合があります。
糖尿病は自覚症状が分かりにくいものですが、こういった状態が気になる場合には、病院で検査をしてもらった方が良いかもしれません。

関連する記事

    None Found

次の記事: を読む ≫