糖尿病はどんな病気?

糖尿病は生活習慣病の一つです。普段から気を付けていれば、予防することもできます。 - 糖尿病は動脈硬化を進行させている

アーカイブ

カテゴリー

糖尿病は動脈硬化を進行させている

糖尿病では血糖値だけを気にしていればいいわけではなく、他の合併症についても注意しておかなければなりません。
合併症の中には命の危険に関わるものもありますから、様々な病気に関しても注意しておく必要があるのです。
糖尿病では動脈硬化も進行していき、それによって心臓や脳の病気が引き起こされるかもしれません。

糖尿病では動脈硬化が進行している

糖尿病になると血糖値が高い状態になりますが、これが動脈硬化に繋がっていくことになります。
食後の血糖値が高いことにより、動脈硬化が進行してしまうリスクが高まるのです。
糖尿病と動脈硬化はあまり関係ないと思っている人もいますが、実は血糖値が高いことによって進行してしまうのです。
ですから糖尿病の初期段階だとしても、血糖値が高いことに変わりはないので動脈硬化は始まっている場合もあります。

動脈硬化が心筋梗塞などに繋がる

糖尿病が動脈硬化を進めるとしても、それだけで命に関わる危険は感じないかもしれません。
ですが動脈硬化は血管の病気ですから、血液が流れている場所で問題を起こす可能性が高まるのです。
脳にも血は流れていますから、脳梗塞が起こる可能性が高まります。
血液を送る心臓に関しても、当然ですが病気のリスクが高まっているのです。
動脈硬化が進むことにより、心筋梗塞が起こる可能性もあるのです。

命に関わる状態になっていく

糖尿病の初期段階から動脈硬化は始まっているため、そのままにしておくと命に関わるリスクが高まっていきます。
日頃からこういったリスクを理解しておき、軽くてもいつもと違う症状が出たら検査を受けた方が良いのです。
動脈硬化には自覚症状が殆ど無いものの、軽い発作が出た段階で対応すれば命の危険を避けられるのです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫